市政に取り組む姿勢

人を愛し、人に尽くす!
あなたの声になります。あなたの力になります。

あなたの意見を宮崎の市政に反映させます!

情熱誠実実行

  1. 子どもを産み、育てる良い環境作り。幼児・児童虐待防止対策。
  2. 教育環境の整備と充実。芸術の育成。国際社会に備えての英語教育の育成、不登校・いじめ対策。「心を育てる」情操教育の推進。
  3. 産業育成 商業・工業・農業の振興。「観光宮崎の復活」 海外観光客の呼び込みを推進。(特にアジアから)「ジャパン・エキスポ」や「海外での食品展示会」等、海外イベントの情報の発信&出展参加の支援。「スポーツランド宮崎」の推進。
  4. 高齢化社会に備えた環境整備。
  5. 安心・安全な社会つくりを探求。
  6. 動物(ペット等)愛護の管理推進。

安心・安全で活力のある町づくりを推進します!!

宮崎を愛し、宮崎に尽くす!

令和2年1月2日

今日は、街頭演説で汗を流している、衆議院議員・「たけい俊輔氏」の応援に行ってまいりました。「新しい令和の時代を全力投球で。」国政に取り組もうとしている「たけい俊輔氏」にエールを送ってまいりました。

私(北村やすひろ)は、近年政治に大変関心を持つようになりました。自分の住んでいる日本の歴史や世界におかれている立場を思い、注意深く(時には興味をもって、あるいは怒りを感じつつ)ニュースやSNSを通じてなられる情報に耳を傾けるようになりました。
慰安婦や徴用工問題に絡んだ韓国との関係悪化、北朝鮮の核の問題、レッド中国(チャイナ)の特にウイグル地区に対する弾圧・非人道的行為(チベット、ホンコンに於いても然り)、尖閣諸島近辺への中国船の年700回以上の接近等、日本を取り巻く情勢はかつてない緊張状態にあると言っても過言ではないと思われます。「この困難にどう対峙すべきか」という問題は、一部の政治家だけの問題ではないと言ってよいでしょう。
世界に比類のない深い文明と文化を持つ我が国・日本の歴史をいかにして守り、引き継いでいくか、所謂、「いかにしてこの国を守るか」という問題を、国民、一人ひとりが真剣に考えなければいけない時が来ていると思います。

———————————————————————————————————–

心を育て、知識を磨く!
情熱の「北村塾」塾長 北村やすひろ

http://www.kitamurajuku.com/