「何度でもチャンスにアクセスできる宮崎を!」

地方創生は宮崎から「何度でもチャンスにアクセスできる宮崎を!」
雨の日に、皆様の、傘になりたい!!

元気な宮崎をつくりたい!

 「自民党の宮川典子衆議院議員(山梨県出身)が乳がんのため、12日、東京都内の病院で亡くなった。(享年40歳)宮川さんは、私立学校の教師をしていた時、教え子が2人自殺をするという経験をした。そのことが政治家を目指すきっかけとなった。故宮川典子衆院議員の言葉、『いつでも、どこでも、誰でも、何度でもチャンスにアクセスできる国・日本、これこそ、今後の日本が目指すべき国のあり方だと、私は考えます。』『絶望して命を絶つ子どもたちを、世の中からなくしたい。』と訴え続ける中、志半ばでこの世を去った宮川さんの死を悼む声が相次いでいる。」(2019.9.13)
 上記のニュースをPCで見た時、宮川議員の無念さを思うと、心が痛みました。「いつでも、どこでも、誰でも、何度でもチャンスにアクセスできる国・日本、これこそ、今後の日本が目指すべき国のあり方だと、私は考えます。この宮川議員の言葉は素晴らしい、政治スローガンだと思います。

 日本では、毎年約3万人(死因が良く特定できない変死者を含めれば実際はそれ以上)の自殺者がいると言われていますが、対人関係(いじめ等)、病気、経済的問題、様々な要因が考えられると思われますが、人生に疲れ、鬱(うつ)病になり、自らの命を絶つケースも珍しくないようです。そして、この宮川議員の政治理念は私たちの住む宮崎市においても尊重され、実現に向かって、まさにチャレンジすべき内容だと思います。生きることの意味、大切さを、各自が自覚し、一度っきりの与えられた人生を大切に、「何度でもチャンスにアクセス」できる、そのような社会環境の構築のため、行政・政治の力を借りつつ、皆で力を合わせていく事は、「地方創生」のためにも必要な事だと考えます。